商標登録の意味について

商標登録の意味について

商標登録の意味について 商標とは、個々の商品やサービスを認識するための名称やマークのことです。
これを特許庁に登録して商標を所有することにより、その商標に対する権利を所有することができます。
これは、勝手に商標を使われた場合、その相手に対して商標の使用の中止を求めることができますし、逆に、誰かから商標の使用の中止を求められても、商標登録を根拠として、これを退けることができるということを意味しています。
さらに、商標登録を行うことは、類似の商品やサービスに対し、自分の商品やサービスを明確に区別するという意味を持ちます。
そのため、商品やサービスの評判が良ければ、その商標はブランドとなり、顧客に対しては、商標だけで商品やサービスに対する高い広告効果を期待することができるのです。
このような性質上、商標は1つにつき1人の所有者しか認められていません。
そのため、新たに商標を登録する場合は、先に、その商標が登録されていないかどうかを確認する必要がありますし、すでに使われている場合は、登録を断念しなければなりません。
また、似たような商品やサービスを出されるのを避けるため、多くの場合は、ある商標に類似した商標も登録されているという点にも注意する必要があります。

商標登録できた権利者の存在感と発言力は大きい

他の誰にも使われたくない製品名があれば、権利者としての地位を確立させるために商標登録する方法を用います。
国境を越えない範囲内であれば、権利者は商標登録した製品名を扱える唯一の存在になれます。
ただし、商標登録には一点だけ覚えておかなければならないことがあります。
もしも言語圏が異なる地域でも権利者でありたいなら、現地で商標登録する必要があることです。
母国で権利者になれたからといって、世界中で通用する許諾ではないというわけです。
海外進出を目前に控えているときは、必要な手続きが済んでいないと権利を行使しているつもりが有効性のない活動になりかねません。
また、許可を与えていないにもかかわらず製品名を使われている事実を目の当たりにすれば行えることがあります。
金輪際は認められざる行為に手を染めないように注意できて、なおかつ先方の事業で生じた実害を算出して請求できます。
発言力が大きくなるので、業界内における存在感が確かなものなります。