他社の商標登録を侵害するとどうなる?

商標登録の基礎知識:先使用権

商標登録が完了すれば、権利者は商標を独占して使用できますが、例外があります。
また、商標登録された場合には他人はその商標を使えなくなりますが、例外があります。
「先使用権」が認められれば、権利者ではなくても、その商標を使うことができます。
 「先使用権」とは、商標が出願される前から同一または類似の商標を使用しており、そのことが周知になっている場合に認められる権利で、引き続きその商標を使用できる権利です。
「周知」とは、需要者に広く認識されていることを指しますが、日本全国で知られている必要はなく、一部地域で知られている場合も含みます。
先使用権が認められるためには、その商標を使用していること、使用している期間、使用規模、ウェブサイトや広告等を通じて商標に関して認知されていることなどを示す必要があります。
 したがって、先使用権の制度があるために、権利者は他人に登録商標を使われてしまう可能性があります。
また、使っていた商標と同一または類似の商標が登録されてしまっても、その商標の使用を止める必要は必ずしもありません。

他社の商標登録を侵害するとどうなる?

他社の商標登録を侵害するとどうなる? 商標登録が行われた商品や企業の名称はその商標登録を行った権利者のみが独占的に使用できるものとして保証されることになります。
しかし中には登録されていることを知らなかった、登録されていることは知っていたが使用してしまったなどの事情でその権利を侵害してしまうこともあるでしょう。
ではこの場合どうなるのかと言うと、基本的にその権利者が侵害の事実を知って警告書などを送ってこない限りは何も起きません。
ですが侵害の事実を知って警告書が送られてきた場合にはその商標を利用している商品や企業の名前を変えなくてはなりませんし、もし警告を無視して利用を続けた場合には10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が課せられることになります。
また登録をしている側が得られた利益を奪ったり、登録をしている側の信用などを貶めた場合には賠償請求が出されて高額な賠償金支払いを強いられる可能性もありますから、商標登録の侵害は絶対にしてはいけません。
ただ商標登録がされている場合であってもその登録内容が一般名称として普及していたりする場合には必ずしも刑罰を受けたり賠償をする必要が無い場合もありますから、この場合には裁判で争って決着をつけることになるでしょう。
とは言え裁判になれば時間も費用もかかりますから、基本的に商標として登録されているものは絶対に利用しないように 心がけるようにしてください。