商標登録の早期審査制度とは

複雑な商標登録の手続きをスムーズに行うには

複雑な商標登録の手続きをスムーズに行うには 会社や店舗の命ともいえる商標は、正確な手続きを経て登録する必要があります。
でなければ商品やサービスの価値を維持できず、業績への影響を来たす事も考えられるからです。
しかし商標登録の手続きは、非常に大変なのが現実です。
まずは同一、あるいは類似の商標がないかを調べる必要がありますし、その後は出願書類に記入しなければなりません。書類の内容も、素人には分かりにくいものとなっています。
そして特許庁へ申請した後も、審査結果によっては商標登録ができない場合もあります。そうなると、苦労して行った事務が全て無駄に終わるのです。
ですから商標登録をスムーズにするためには、弁理士へ依頼する事が最善といえます。
出願前の調査はもちろんのこと、申請書類の作成や出願といった手続きも正確に行ってくれます。
さらに弁理士なら特許庁とのやりとりも的確に行ってくれますし、申請後の期限管理などもお任せできる場合もあり、依頼するメリットが非常に高いのです。
スムーズな商標登録の手続きを行うためには、プロの弁理士が在籍する特許事務所を利用するのがおすすめです。

商標登録の早期審査制度とは

商標登録とは、商品を購入しサービスの提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所を認識できるために使用される標識をいいます。
商標登録を簡単にいうと、誰が使った商品なのか、誰が提供しているサービスなのかを表すマークで、自分の商品を識別するだけでなく、その商品の出所や品質保証までを示すことが可能で、広告宣伝の機能など、範囲は広がります。
商標登録は、特許庁が行う行政手続きで、特許庁へ申請をした後、登録条件を満たしているかどうかの審査を経て、商標原簿へ商標権の設定が登録されることで、商標権が発生します。
通常申請をしてから登録を認めるか否かについての通知は、4~6ヶ月ごに届きます。これは特許庁には年間約10万件の新たな申請がされているため、通常のルートで申請すると審査の順番待ちをすることになります。
しかし一定の条件を満たす申請については、優先的に審査を受けることができる早期審査制度があり、早期審査の対象と認められると、最短で1~2ヶ月で審査結果がわかります。